S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
11« 2009/12 »01

プロフィール

海上撮影家

Author:海上撮影家
1995年から上海に関わってます。
2003年に上海に事務所を移転。現在、上海751文化研究所に所属しており、日本と中国の広告撮影及び日本の雑誌の仕事が中心です。
また、751文化研究所は海外からロケで来る人達の為のスタジオ及びストロボ機材のレンタル窓口でもあります。

日本からの撮影依頼も受け付けておりますので気軽にどうぞ。
連絡先は、この中のリンクから私のHPへ入り「Contact」からメールを送る事ができます。
        海原修平 Kaihara Shuhei

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンホール上海 1930年代の上海




ここは、1930年代の上海の街を再現した映画村の中だが、今でも上海の何処かにこの風景があっても不思議ではない。
今でこそ、上海の街はビルの街になったが、10数年前の上海は1930年代に建てられた古い家がほとんどだった。
なので、エアコンの室外機を隠せばそのまま映画のロケが出来た。

昔の上海の街並みを再現した映画村だが、看板やウィンドディスプレーを変えれば昭和初期の日本にも見えるので、私もお世話になって居る場所だ。日本の映画やテレビのロケでもよく使われている。
昨年ロケが行なわれた怪人20面相の一部もここで撮影された。

2008年撮影  ジナー改造ピンホールカメラ 焦点距離38mm  

Copyright © 海原修平 All Rights reserved
スポンサーサイト
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。