S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
11« 2009/12 »01

プロフィール

海上撮影家

Author:海上撮影家
1995年から上海に関わってます。
2003年に上海に事務所を移転。現在、上海751文化研究所に所属しており、日本と中国の広告撮影及び日本の雑誌の仕事が中心です。
また、751文化研究所は海外からロケで来る人達の為のスタジオ及びストロボ機材のレンタル窓口でもあります。

日本からの撮影依頼も受け付けておりますので気軽にどうぞ。
連絡先は、この中のリンクから私のHPへ入り「Contact」からメールを送る事ができます。
        海原修平 Kaihara Shuhei

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首長亀 (上海大自然野生昆虫館)




最近、雨の日は室内にある動物園や植物園に通っている。なぜなら、客が少ないので撮影に適しているからだ。
この「首長亀」は、オーストラリア原産で、首を甲羅の中に引っ込める事が出来ないくらい首が長い。
水中の中で、たえず動きまわるのでピントを合わせるだけでも大変だ。150枚撮ってピントが合っていたのは10枚だけだった。こんな時、AFなんて使い物にならない。

以前は、解像力が優れたシャープなレンズが良いレンズと思っていたが、今はそう思わなくなった。
この亀は、首が異常に長いのでトプコール58mm開放(トプコン製)で撮ると甲羅が美しくボケる。

2009年撮影    Copyright © 海原修平 All Rights reserved
スポンサーサイト
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。