S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
12« 2010/01 »02

プロフィール

海上撮影家

Author:海上撮影家
1995年から上海に関わってます。
2003年に上海に事務所を移転。現在、上海751文化研究所に所属しており、日本と中国の広告撮影及び日本の雑誌の仕事が中心です。
また、751文化研究所は海外からロケで来る人達の為のスタジオ及びストロボ機材のレンタル窓口でもあります。

日本からの撮影依頼も受け付けておりますので気軽にどうぞ。
連絡先は、この中のリンクから私のHPへ入り「Contact」からメールを送る事ができます。
        海原修平 Kaihara Shuhei

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海の骨董市場 東台路


IMG_0043a.jpg

東台路は、昔からある骨董市場だ。
本物もあれば偽物もあり目を楽しませてくれる。

場所は違うが、私の写真集を一枚ずつバラして売っている店を見つけた。
聞くと、特別に印刷したものだと店のおやじは説明し、一枚20元(280円)でどうだ?と勧めてきた。
私の写真集は、写真ページが105ページあるので全部買うと約30000円という事になる。(私の写真集は一冊88元)
当然、写真だけべた誉めして帰ったが本当にウソが上手い。

という風に、私たち外国人が行けば間違いなくぼられる。
買いたい物があれば相場を知っている上海人と一緒に行き値段交渉をしてもらうのが一番正しい買い物のやり方かもしれない。
でも、こんな時に関西人と一緒だと心強い。

IMG_0006a.jpg

文革時代の人形

IMG_0003a.jpg

兵馬俑から出土した物のコピー。

古い物を最新のレンズで撮るより、古いものは古いレンズで撮った方が絶対に雰囲気が良い。

2009-2010年撮影    Copyright © 海原修平 All Rights reserved
スポンサーサイト
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。