S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
01« 2010/02 »03

プロフィール

海上撮影家

Author:海上撮影家
1995年から上海に関わってます。
2003年に上海に事務所を移転。現在、上海751文化研究所に所属しており、日本と中国の広告撮影及び日本の雑誌の仕事が中心です。
また、751文化研究所は海外からロケで来る人達の為のスタジオ及びストロボ機材のレンタル窓口でもあります。

日本からの撮影依頼も受け付けておりますので気軽にどうぞ。
連絡先は、この中のリンクから私のHPへ入り「Contact」からメールを送る事ができます。
        海原修平 Kaihara Shuhei

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONY PROMAVICA MVC-5000とF1GP

     
      senna1a.jpg

海外のサイトをググっていたら、偶然にも忘れかけていた懐かしいカメラに行き当たった。
ところが、日本のサイトで検索してもまったく名前が出てこない。忘れ去られたカメラになっているようだ。
それは「SONY PROMAVICA MVC-5000」という機種だ。このカメラの名前を知っている人は、報道関係のカメラマンかSONYの一部の社員か警視庁関係か米軍関係しかいない。

なぜなら、普通のカメラ屋では販売されなかったという事と、当時の一般人にとってはフィルムカメラしか知らなかった時代だからだ。日本国内では警察関係のみがユーザーだったようで、犯人などのデータを瞬時に全国に送るために使っていたようだ。
また、米軍は湾岸戦争時に偵察の為にプロマビカで撮影し画像をインターネットを使いペンタコンに送っていたようだ。(インターネットは軍事技術であり1990年の時点では、普通の人はインターネットって何?という時代だった)
続きは下のクリック↓↓
... Read more ▼
スポンサーサイト
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。