S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

プロフィール

海上撮影家

Author:海上撮影家
1995年から上海に関わってます。
2003年に上海に事務所を移転。現在、上海751文化研究所に所属しており、日本と中国の広告撮影及び日本の雑誌の仕事が中心です。
また、751文化研究所は海外からロケで来る人達の為のスタジオ及びストロボ機材のレンタル窓口でもあります。

日本からの撮影依頼も受け付けておりますので気軽にどうぞ。
連絡先は、この中のリンクから私のHPへ入り「Contact」からメールを送る事ができます。
        海原修平 Kaihara Shuhei

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジナー改造 自作ピンホールカメラ 05



5回目の最後は、参考として4x5専用ジナー改造ピンホールカメラです。
前回までに紹介したピンホールカメラは6x6と4x5兼用カメラでした。
4x5をカバーする焦点距離は25mmと38mmのみでしたが、あまりにも超広角過ぎて使いにくいので、適度な焦点距離専用のカメラを一台作りました。
焦点距離は、58mm ピンホール径は、0.25mm f232です。
これでも、4x5カメラとしては超広角レンズですが、もっと長い焦点距離が必要なときはフィールドカメラを使用する事にしました。

作り方は簡単です。ジナーのオリジナルボードにジナー凹みボードをカットして逆に取り付けただけです。凹みボードには、62mm→72mmのステップアップリングを取り付け、シャッターは72mmの金属製レンズキャップに取り付けています。

☆今回自作したカメラですが、金属の加工が一番大変でした。工作機械を持っていれば簡単なのですが・・・。
それから、以外に使えた物として、ステップアップリングとステップダウンリングとキャノンのゼラチンホルダー用フードがあります。うまく組み合わせる事ができれば以外に良い結果が生まれます。

☆ハッセル用のフォーカシングスクリーン(アキュートマット仕様)を使えばピンホールカメラでもスクリーン上で絵が確認できるのには驚きました。
ただし、SWC用のファインダー取り付けフレームが必要になりますが、中国製で安くて良く出来た物があるので、これを使えば問題ないです。

☆このカメラを作りたいと思われた方で、何かわからない事があればアドバイス可能ですので、遠慮なくどうぞ。

"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
今の中国は、世界の製造業の中心です。工作機械も最新の物が入っているので、一つ一つの部品に関してはあまり問題ないのですが、それを組んで最終チェックする人的作業にはまだ問題があります。

例を上げると、カメラのマウントアダプターの場合、錆びたネジを平気で使ったり、部品を組む精度を気にしてないので、レンズを取り付ける事ができないという事もしばしばあります。
また、カメラ部品専門ではないが、商売になるというだけで参入している会社もあるので、部品を組んでいるワーカーも何に使われる物なのか知らないで組んでいるのが現状です。

そういう意味でも日本の製品は、買ったら使えなかったという事はほとんどありませんが、こちらでは、商品を買ったらその場で箱から出しチェックするのが常識となってます。
もし、中国に来て買い物をする時は、自身の目でよく確認する事をお勧めします。

このベージは、リンクフリーです。
スポンサーサイト
ピンホール上海 浦江飯店  | HOME | ジナー改造 自作ピンホールカメラ 04

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。