S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

海上撮影家

Author:海上撮影家
1995年から上海に関わってます。
2003年に上海に事務所を移転。現在、上海751文化研究所に所属しており、日本と中国の広告撮影及び日本の雑誌の仕事が中心です。
また、751文化研究所は海外からロケで来る人達の為のスタジオ及びストロボ機材のレンタル窓口でもあります。

日本からの撮影依頼も受け付けておりますので気軽にどうぞ。
連絡先は、この中のリンクから私のHPへ入り「Contact」からメールを送る事ができます。
        海原修平 Kaihara Shuhei

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日の上海文廟


b2.jpg

09年12月31日
文廟横の孔乙己酒家で、店のおやじの家族と一緒に酒と飯をごちそうになる。店内は、隣の文廟の詣客で満員状態。
そんな中、ライカM3ブラックにノクチルックスf0.95を首から下げている日本人に会う。話をしてみると、職業は医者だが、かなりカメラ病に侵された人だった。
私は、すでにこの病気は完治に近いが、彼の病状はすでに不治の病状態と診断した。

IMG_9769a.jpg

この孔子廟は、文革時にかなり破壊されたが1980年代に再建されたそうだ。

190-10a.jpg

90年代の終わり頃まで、この中に素晴らしい茶館があったが、今は私の写真集の中にしか記録はない。
当時1元払えばお茶が飲めて、生演奏で歌が歌える庶民の憩いの場だったが、今は陶器の展示室になっている。

Copyright © 海原修平 All Rights reserved
スポンサーサイト
ホンコンフラワー | HOME | 水泡眼

Comment

おめでとうございます!
昨年中はお世話になりました。本年もよろしくお願いいたします!

金魚の写真シリーズ、痺れました。たしかに最新のデジではあの鮮鋭すぎずに味のある感じが出ませんね。

茶館のパノラマ写真、とても好きな一枚です。
2010/01/03 13:13 | URL | 小林 #vuJIisg2 [ Edit ]
明けましておめでとう。
こちらこそ、今年も良い年にしたいですね。
泳ぐ金魚を開放(f1.4からf2)で撮る事は難しいですが、慣れるとピントが合うようになります。古いレンズは、良いですよ。
親しい友人からトプコール58mmf1.4(70年代製)をもらったのですが、これがまた良い。
シャープネス第一主義が本当に良い事かどうか、今一度考えた方が良いような気がします。
この金魚の撮影の光源は写真用蛍光灯だけです。絞り開放で1/1500(1so400)が切れます。
2010/01/03 21:40 | URL | 海上撮影家 #- [ Edit ]

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。