S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

海上撮影家

Author:海上撮影家
1995年から上海に関わってます。
2003年に上海に事務所を移転。現在、上海751文化研究所に所属しており、日本と中国の広告撮影及び日本の雑誌の仕事が中心です。
また、751文化研究所は海外からロケで来る人達の為のスタジオ及びストロボ機材のレンタル窓口でもあります。

日本からの撮影依頼も受け付けておりますので気軽にどうぞ。
連絡先は、この中のリンクから私のHPへ入り「Contact」からメールを送る事ができます。
        海原修平 Kaihara Shuhei

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンコンフラワー




ホンコンフラワーと聞いて、何だかわかる人は50歳以上の人だ。
1960年代の日本では造花の事をそう呼んでいたのだが、最近は
何と呼ぶのか知らない。
1996年から上海に作品撮影で通い始めた時、街に花屋がないの
で中国人に質問したら返ってきた言葉に驚いた。
「花はすぐに枯れてしまうし値段が高いので買わない。造花は枯
れないから良い」という返事が返ってきた。
と言う訳で、今でも中国系の会社や寺や中国人の自宅に行くと造
花が多いが、だいたい花に埃がつもっている。

_MG_3462a.jpg


_MG_2606b.jpg

上の2点は、上海で見つけたコンクリフラワー。

2009年撮影    Copyright © 海原修平 All Rights reserved
スポンサーサイト
熱帯魚に取り憑かれた男 | HOME | 大晦日の上海文廟

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。