S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

海上撮影家

Author:海上撮影家
1995年から上海に関わってます。
2003年に上海に事務所を移転。現在、上海751文化研究所に所属しており、日本と中国の広告撮影及び日本の雑誌の仕事が中心です。
また、751文化研究所は海外からロケで来る人達の為のスタジオ及びストロボ機材のレンタル窓口でもあります。

日本からの撮影依頼も受け付けておりますので気軽にどうぞ。
連絡先は、この中のリンクから私のHPへ入り「Contact」からメールを送る事ができます。
        海原修平 Kaihara Shuhei

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンホール上海 旧日本租界 3




虹口区にある立派な作りの建物だ。この建物は何の為に建てられたのかはわからないが、しかりした作りなので日本人が建てたものかもしれない。

pin555a.jpg

一昨年だったか、ある日本人女性が子供の頃に住んでいた場所を探したいというので一緒に探した事がある。
その昔、日本の将校用のプチホテルだったそれは、山陰路近くで見つかった。

事情を説明し特別に中を見せてもらうと今風に改装されていたが、階段の手すりのトップに菊の紋が入っていたのと、昔はホテルだったと聞いて間違いないと確信した。

今のオーナーは仕事を定年退職しこの部屋の1階部分を買ったらしいが、日本人が設計し建てたので作りがしっかりしていてとても良い買い物をしたと言っていた。

下の写真のトップが歪んでいるのは、水準をいい加減にとりカメラのバックをライズしたためだ。
しかし、これはこれでとても面白い。でも、建築写真家が見たら笑うだろうな。

2008年 ジナー改造自作ピンホールカメラ
http://shanghai039.blog12.fc2.com/blog-entry-6.html
スポンサーサイト
ピンホール上海 旧日本租界 4 | HOME | ピンホール上海 旧日本租界 2

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。