S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

海上撮影家

Author:海上撮影家
1995年から上海に関わってます。
2003年に上海に事務所を移転。現在、上海751文化研究所に所属しており、日本と中国の広告撮影及び日本の雑誌の仕事が中心です。
また、751文化研究所は海外からロケで来る人達の為のスタジオ及びストロボ機材のレンタル窓口でもあります。

日本からの撮影依頼も受け付けておりますので気軽にどうぞ。
連絡先は、この中のリンクから私のHPへ入り「Contact」からメールを送る事ができます。
        海原修平 Kaihara Shuhei

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンホール上海 2007年の中山東路




中山東路と復興東路の交差点から浦東方向にカメラを向けると上海森ビルはまだ建設中だった。
香港のZERO4x5で撮影したので焦点距離は25mmだ。
この香港製のZEROは、木材の質もよく歪みが出ないので安心して使えるピンホールカメラだ。

pin076a.jpg

昔、外灘の中山東路に歩道橋があったが今はない。
今は、万博に向け車道を地下に通し、地上は歩行者専用になる工事をやっているが、万博までに間に合うのだろうか。  無名中国製ピンホールカメラ ホースマン6x7ホルダー   2007年撮影 
スポンサーサイト
ピンホール上海 1930年代の上海 その2 | HOME | ピンホール上海 郊外の遊園地

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。