S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

プロフィール

海上撮影家

Author:海上撮影家
1995年から上海に関わってます。
2003年に上海に事務所を移転。現在、上海751文化研究所に所属しており、日本と中国の広告撮影及び日本の雑誌の仕事が中心です。
また、751文化研究所は海外からロケで来る人達の為のスタジオ及びストロボ機材のレンタル窓口でもあります。

日本からの撮影依頼も受け付けておりますので気軽にどうぞ。
連絡先は、この中のリンクから私のHPへ入り「Contact」からメールを送る事ができます。
        海原修平 Kaihara Shuhei

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海 正月4日目の深夜から財神を迎える 爆竹と花火


IMG_2967a.jpg

上海の正月4日目から5日にかけて商売をやっている人達は「財神」を迎える為に盛大に爆竹と花火を打ち上げる。今年は、初日が例年より静かだったので、この日もそうなのかなと思っていたらとんでもない。
財となると話は別のようだ。

長い爆竹を丸めたまま火の中に入れるとこうなる。これは、爆竹ではなく爆発に近い。この後、花火の燃えカスに火が燃え移ったので、近くで見ていた公安もやっと重い腰を上げ水をかけていた。しかし、その横でおばあさんが爆竹をさらに2束持ってきて再び火をつけたが、公安も別にとがめない。これが伝統的な中国流爆竹術だ。

IMG_2984a.jpg

この斜めに上がる花火が何処に飛んで行くかわからないので一番怖い。この日は幸い風が無かったのだが、それでも緊急自動車のサイレンがあちこちで聞こえてくる。
初日に一人が失明し数人がケガをしたらしいが今年は死人が出たとはまだ聞いてない。

IMG_2974a.jpg

これは、初めてみるタイプだが、音がすごいのと何処に飛んで行くかわからない。

IMG_2990a.jpg

最後は、ゴミしか残らないのだが、彼らは掃除をしないので翌朝掃除人が来るまで放置したままになる。
花火や爆竹はこの国の伝統とはいえ、これからは環境の事を考えると少し見直した方がよいと私は思う。
しかし、痛快である事は間違いない。

この店、デカイ段ボール入り花火3箱、爆竹5束、打ち上げ花火大小合わせて15本。私の推測で花火代3500元也(約4万円)この店の前にある刀削麺が580杯食える金額だ。

2010年 2月17日から18日にかけて撮影
スポンサーサイト
店のエントランス | HOME | 上海花園飯店 オークラホテル

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。