S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06« 2017/07 »08

プロフィール

海上撮影家

Author:海上撮影家
1995年から上海に関わってます。
2003年に上海に事務所を移転。現在、上海751文化研究所に所属しており、日本と中国の広告撮影及び日本の雑誌の仕事が中心です。
また、751文化研究所は海外からロケで来る人達の為のスタジオ及びストロボ機材のレンタル窓口でもあります。

日本からの撮影依頼も受け付けておりますので気軽にどうぞ。
連絡先は、この中のリンクから私のHPへ入り「Contact」からメールを送る事ができます。
        海原修平 Kaihara Shuhei

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜上海 租界時代の黄色い建物


_MG_9119a.jpg

租界時代の建物が当時のどのような色だったのかは、今はわからない。ある建物は、レンガ色だったが今は白に塗り替えられてものもある。当時の写真のほとんどがモノクロだったせいもある。

この建物は、共同租界(日本租界)にある建物だが、薄いクリーム色に塗られていてとても気品がある。



これは、金陵東路にある建物だが、これも薄いクリーム色だ。
建築様式が似ているので、同時代に建てられ薄いクリーム色が流行っていたのかもしれない。
あくまで推測なのだが・・・。

2009年撮影 
スポンサーサイト
751文化研究所から南を見る | HOME | 上海 1930年代のポスター

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。