S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

海上撮影家

Author:海上撮影家
1995年から上海に関わってます。
2003年に上海に事務所を移転。現在、上海751文化研究所に所属しており、日本と中国の広告撮影及び日本の雑誌の仕事が中心です。
また、751文化研究所は海外からロケで来る人達の為のスタジオ及びストロボ機材のレンタル窓口でもあります。

日本からの撮影依頼も受け付けておりますので気軽にどうぞ。
連絡先は、この中のリンクから私のHPへ入り「Contact」からメールを送る事ができます。
        海原修平 Kaihara Shuhei

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超高層ビルと光


_MG_5352b.jpg

あたり前の事だが、写真は光がないと写らない。
外でカメラを構えて良い光を待っていると、一瞬しか無い美しい光りに時々出会う事がある。その間、じっと同じ場所を見つめている自分は、ある意味瞑想状態にあると言ってもよい。
自然光で撮影する場合、また別の日に撮ればいいやという気持ちは絶対に捨てるべきだ。

_MG_8445c.jpg

早朝、金茂大厦に当った太陽の光が上海環球金融中心(森ビル)に向かって反射している。
天気の良い日で、少しガスの出た時の早朝しか見る事ができない。

2009年撮影         Copyright © 海原修平 All Rights reserved
スポンサーサイト
極東一の屠殺場だった。 改装前 | HOME | 修善寺で見た月

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。