S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03« 2017/04 »05

プロフィール

海上撮影家

Author:海上撮影家
1995年から上海に関わってます。
2003年に上海に事務所を移転。現在、上海751文化研究所に所属しており、日本と中国の広告撮影及び日本の雑誌の仕事が中心です。
また、751文化研究所は海外からロケで来る人達の為のスタジオ及びストロボ機材のレンタル窓口でもあります。

日本からの撮影依頼も受け付けておりますので気軽にどうぞ。
連絡先は、この中のリンクから私のHPへ入り「Contact」からメールを送る事ができます。
        海原修平 Kaihara Shuhei

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジナー改造 自作ピンホールカメラ 04



4回目
欲張ってレンズが付くように改造しました。
今、このピンホール改造ジナーに取り付ける事のできるレンズ3本あります。
富岡光学Tominon75mm f4.5 Meyer Trioplan105mm f2.9 Rodenstock Ysaron127mm f4.7  いずれも古いレンズなのですが、一番古いのはノンコートのMeyer Trioplan105mmで、私は一番気に入ってます。

これらのレンズを改造ジナーで使うにはヘリコイドが必要です。幸いな事に、ちょうどよいヘリコイド(ネジの径は77mm)を上海で売ってました。作りはあまり良く有りませんが、なんとか使えます。リンホフボードに77mm径のステップアップリングを直接取り付けて、ヘリコイドを取り付けます。
そのヘリコイドの先に77mm→82mmのステップアップリングを取り付ければキャノンのゼラチンフード3型が付けられます。さらにステップアップリングとステップダウンリングを組み合わせて∞を出しました。幾分オーバーインフになったレンズもありますが、撮影には問題ありません。

このベージは、リンクフリーです。
スポンサーサイト
ジナー改造 自作ピンホールカメラ 05 | HOME | ジナー改造 自作ピンホールカメラ 03

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。