S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

プロフィール

海上撮影家

Author:海上撮影家
1995年から上海に関わってます。
2003年に上海に事務所を移転。現在、上海751文化研究所に所属しており、日本と中国の広告撮影及び日本の雑誌の仕事が中心です。
また、751文化研究所は海外からロケで来る人達の為のスタジオ及びストロボ機材のレンタル窓口でもあります。

日本からの撮影依頼も受け付けておりますので気軽にどうぞ。
連絡先は、この中のリンクから私のHPへ入り「Contact」からメールを送る事ができます。
        海原修平 Kaihara Shuhei

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パノラマ上海 黄浦江のフェリー




外灘から河向こうの浦東へ行く方法は、いくつかある。一般的なのは、車で河底のトンネルを使う方法と橋を渡る方法がある。私がお勧めしたいのは、このフェリーを使う方法だ。昔は、往復1元だったが、今は片道1元くらするかもしれない。
1996年撮影 Noblex135U

パノラマ上海 方斜路




ここは、旧城内で最も美しい三叉路だった場所だ。 写真を撮る時に晴れた日が良いと思い込んでいる人が多いが、それはケースバイケースである。上海は、以外と雨が似合う街なのだ。
96年1月撮影

195-04a.jpg

このNoblex135Uというカメラは、回転式のカメラなのでレンズが一回転する。
なので、最初の半回転は露光されず、後の半回転で露光が始まる。
1/60秒だとシャッターを押してから露光が終わるまで約2秒半の時間が必要だ。
なので、人の動きを先読みしないとシャッターチャンスを逃す事になる。

これは、上の写真の一年半後の夏に撮影したものだ。夏の朝の日差しは美しい。

Noblex135U

上海フランス租界を俯瞰




上海のフランス租界を俯瞰して見ると街並が美しい。米英など他の国々は共同租界という形をとったが、フランスだけが淮海路を中心に独自の租界を形成したので街に統一感がある。

IMG_7819a.jpg

淮海路の23階のビルからロシア正教らしき教会を発見。なぜか昔読んだロシアの童話ネズナイカを思い出した。

2010年 上の写真は3月 下の写真は4月撮影 色が違うのは黄砂の影響

上海の路地裏




路地裏には、不思議な魅力がある。特に狭い路地裏に入る時にはある程度の勇気が必要だ。
この先に何があるかが分かっているより、この先に何があるか分からない方が面白い。

もしかしたら、人の生き方も同じかも知れない。思い立ったらやって見る事が大事だ。
今の日本人の若い人には、これが欠けている。

IMG_8131a.jpg

これは、おそらく近所の老人がお茶を飲みながら井戸端会議をやる場所と思う。
上海も都市化と高齢化が進み老人の居場所が無くなりつつある。

2010年撮影 4月

外灘 上海万博1ヶ月前3


IMG_8157a.jpg

上海万博前に、やっと外灘の遊歩道が完成した。以前より数倍も歩道部分を拡張したのでかなり広くなり万博前の休日は人で溢れかえっていた。




休日で、この人ごみなので、万博が始まったらどんな事になるか想像がつかない。

理由はわからないが、1週間ほど前からFC2が中国からアク禁になったため、ブログを見る事も更新する事もできなくなった。今も完全復旧したとは言いがたい状況だ。

こちらでは、exblogは完全にアク禁状態であり、見る事が出来ないサイトも数多くある。
このブログは毎日更新予定だが、もし更新されてなかったら中国からアク禁状態と思ってほしい。

2010年 4月5日撮影   
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。