S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03« 2017/04 »05

プロフィール

海上撮影家

Author:海上撮影家
1995年から上海に関わってます。
2003年に上海に事務所を移転。現在、上海751文化研究所に所属しており、日本と中国の広告撮影及び日本の雑誌の仕事が中心です。
また、751文化研究所は海外からロケで来る人達の為のスタジオ及びストロボ機材のレンタル窓口でもあります。

日本からの撮影依頼も受け付けておりますので気軽にどうぞ。
連絡先は、この中のリンクから私のHPへ入り「Contact」からメールを送る事ができます。
        海原修平 Kaihara Shuhei

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パノラマ上海 黄浦江のフェリー




外灘から河向こうの浦東へ行く方法は、いくつかある。一般的なのは、車で河底のトンネルを使う方法と橋を渡る方法がある。私がお勧めしたいのは、このフェリーを使う方法だ。昔は、往復1元だったが、今は片道1元くらするかもしれない。
1996年撮影 Noblex135U

パノラマ上海 朝の魯迅公園


276-14a.jpg

朝の魯迅公園は、毎日早い時間から賑わっているが、年齢層は非常に高い。
この中央で踊っている二人は夫婦でありダンスの先生だ。よく腰を振るので、クネクネ先生と私は呼んでいる。

274-33a.jpg

少し伸びたカセットテープから聞こえるワルツも上海らしくて慣れると悪くない。

TX-1

パノラマ上海路地裏 梧桐路

214-33a.jpg

豫園の東側の一部は、前世紀のままの路地が残っている。ここは、梧桐路付近で今でも同じ雰囲気を見る事が出来る場所だ。右端では、路上散髪屋が営業していたが、先週確認したら無かった。

214-36a.jpg

上海の路地裏で撮影する時は、路の片隅で少しの時間でもよいので待つ事を勧める。こんな人が通ってほしいなと思っていると本当にそういう人が来るのだ。

TX-1 45mm

パノラマ上海 山陰路(日本租界)


244-05a.jpg

旧日本租界の中にある魯迅公園から近い場所に山陰路がある。ここは、日本人が建てた建築が多く残っており、今も昔の面影を残している場所だ。

Noblex135Uは、狭い路地を撮影するのには一番適したカメラだった。レンズの焦点距離も29mmと他のパノラマカメラより長いので歪みも少ない。

237-01a.jpg

若い母親が近所の人に子供を見せて挨拶していた。みんなの表情がとてもよい。


パノラマ上海 大人の娯楽


158-17a.jpg

1990年代の大人の娯楽といえば、将棋や囲碁や麻雀だが、路地を歩いていて一番よく見かけたのがトランプだった。
ゲームをやっている人がいると、必ずその周りで見る人がいる。それだけ暇な人が多いと私は勝手に判断した。

221-19a.jpg

路地でカードゲームをしている人を撮る時の判断はむずかしい。それは、賭けている場合が多いので写真を撮られるのを嫌がるからだ。
そういう場合は、一枚撮ってから様子を見る事をお勧めする。

上が96年撮影 Noblex135U 下が99年撮影 TX-1
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。